白い錠剤と瓶

ED治療に使われる薬としてとても有名なバイアグラですが、同時にジェネリックも発売されています。
ジェネリックに含まれているのは、シルデナフィルクエン酸塩という成分です。
一般的にシルデナフィルと呼ばれるケースが多くなっています。
バイアグラにも全く同じ成分が使われていますが、ED治療に役立つだけでなく、肺動脈性肺高血圧症の治療にも効果があることから、こちらの治療にも使われているのが特徴です。

バイアグラのジェネリックは、バイアグラと同じ シルデナフィル という成分を使用しています。そのため、作用・副作用、効果もバイアグラと同じです。先発薬バイアグラと比べて、ジェネリックは、安い値段で手に入るという利点があります。

引用元:バイアグラジェネリックの通販が安い|薬の通販オンライン

シルデナフィルは元々ED治療のために使われていたのではなく、狭心症の治療薬として研究開発が実施された経緯を持っています。
結果はあまり良くなく、最終的に研究開発が中止されましたが、投与した患者に勃起を促す作用が確認できたため、狭心症ではなく勃起力の低下に悩む人のためのED治療薬の成分として現在では活躍中です。
具体的なシルデナフィルの効果ですが、体内に存在する、とある種類の酵素の活性化を阻害することにより、陰茎の周囲にある神経が反応し、血管を広げる効果を持っています。
血管が広がると血流が促進されますが、陰茎の海綿体に血液がたくさん送り込まれるようになり、勃起状態を作り出せるようになるというメカニズムです。
バイアグラを服用するとED患者であっても勃起できる理由は、シルデナフィルがもたらす効果のおかげです。
ジェネリックにも含まれているシルデナフィルは、安全性が高いことで知られています。
一部でバイアグラが体に悪いという噂があるものの、正しく使っていれば殆ど心配のいらない成分ですので、安心しましょう。
バイアグラもジェネリックも内服薬として提供されており、錠剤を水と一緒に飲み干すことで、成分が腸内に吸収されて効果を発揮してくれる流れです。
水以外の飲料で服用しても構いません。お湯で飲んでも構いませんし、味のついたジュースと一緒に飲み干しても全く影響ありません。
アルコールと飲んでも大丈夫ですが、飲みすぎると効き目が弱まってしまう危険があるため、程々の量に調整することが重要です。
但し、脂肪分の多い牛乳などの飲み物と一緒に飲むのは良くありません。
シルデナフィルが腸内で上手く吸収されないためです。飲み物の種類が気になるなら、水やお湯で飲むのが一番でしょう。
成分量に関しては、バイアグラもジェネリックも国内の病院で処方されているものだと25mgと50mgの2種類が存在します。
バイアグラと同様に青い錠剤のものがジェネリックでもよく見かけられますが、白やピンク色の錠剤なども多くなっています。
錠剤そのものにシルデナフィルの成分量が数字で彫られていたり、印刷されている例が多いため、見極めがしやすいでしょう。
1日の服用量を守って使うようにしますが、日本人の男性に対しては50mgが上限値ですから、50mgのものであれば1日に2錠以上の服用はやめてください。
安全性が高い成分ではあるものの、医療用医薬品ですので、正しく使うことが体を守ることに繋がります。正しく使えば効果を最大限に発揮してくれるでしょう。
男性向けの治療薬ですので、女性が服用しても意味がありません。興味本位で服用しないように注意してください。

効き目はバイアグラそのもの?

ジェネリックはバイアグラとは違いますので、効果にも違いが見られそうですが、効果は全く同じですから気にせず服用してください。
バイアグラとは商品名が違っているものの、シルデナフィルの種類や成分量は一緒です。結果的に同じ効果をもたらしてくれるようにできています。
効果はもちろんのこと、服用方法も一致します。1日の服用量を守って正しく使ってください。50mg以下の服用に留めることも重要です。
ジェネリックだからといって、バイアグラよりもルーズな取り扱いをしても許されるわけではありません。
成分の効果を最大限に発揮させるなら、空腹時に服用するのが一番でしょう。最も早く効き目があらわれるタイミングになります。
空腹時であれば腸内に余計なものが存在しませんので、ジェネリックに含まれるシルデナフィルが腸に素早く吸収されます。
避けたいタイミングは食事の直前と食事中、そして食後すぐのタイミングです。
脂肪分の多い牛乳と一緒に飲むのは良くない治療薬ですが、飲料だけでなく、食事にも同じことがいえます。
食品の中に含まれる脂肪分が胃腸に存在すれば、ジェネリックを服用しても成分の吸収が妨げられてしまい、十分に吸収されないまま体外に排出される心配があります。
これでは成分量が少なすぎて陰茎の海綿体に血液を集めにくくなってしまいますので、治療薬としての効果が十分に発揮されません。
バイアグラには食事の影響を受けやすいという特徴があります。
ED治療薬として最初に登場した画期的な存在ですが、その後に発売されたED治療薬が食事の影響を受けにくい性質を持っているのに比べると、取り扱いがデリケートです。
実績のある成分が使われている一方で、食事の脂肪分の影響されやすく、出来る限り低カロリー食に抑えることが推奨されている状態です。
ジェネリックもバイアグラと同様の存在ですから、脂肪分の影響に関しても同じ考え方ができるのを覚えておいてください。
しかし、状況によっては治療薬の服用よりも先に食事を取らざるを得ない場合もあるでしょう。
空腹時が難しいのであれば、食後2時間以上経過した後に、服用することを心がけてください。
2時間後であれば摂取した食べ物が消化されて影響を受けにくく変化しますから、シルデナフィルの吸収が良くなります。
食後に2時間以上あけたとしても、食事内容は出来る限りあっさりした脂肪分の少ないものにすることが重要です。
脂肪分の消化吸収は糖質やタンパク質よりも遅いですから、食べすぎてしまうと2時間経過しても腸内に多く残ってしまう確率が高まるからです。
おすすめの脂肪分が少ない食事が、蕎麦やうどんといった和食になります。お腹いっぱいになるまで食べるのではなく、腹7分目程度の量に調整しましょう。
脂肪で成分の吸収が悪くなるなら、服用量を増やせば良いと考える人もいるでしょうが、絶対にやめてください。
ジェネリックを1日1回服用したなら、24時間以上が経過しなければ再び服用してはならない決まりになっていることを忘れないようにしましょう。

気になるお値段は?

ジェネリックがバイアグラよりも優れているのが、価格の安さです。
ED治療薬は症状を完治するのではなく、一時的に症状を緩和させる目的で使いますので、1回服用したからといって直ちに治るわけではありません。
症状が改善されないうちは、勃起状態を得るためにその都度服用するようになってきます。
何回も治療薬を服用するとなると、比例して治療薬の使用総数も増えることになります。
ですが、EDは保険適用外の治療になりますので、保険適用時のように安い価格でバイアグラを入手することができません。
25mgの場合だと、1錠あたりで1400円前後するのが基本です。
保険適用外の診療では病院が自由に価格を決められますから、病院によってはもっと高くなったり、安くなる例もあります。
しかし、どこの病院に通院したとしても、基本的に大幅な価格の差は見られません。スーパーや家電量販店のセールのような価格にはならないことを覚悟してください。
一方、ジェネリックを利用すれば、25mgで1錠あたり700円前後の安い価格で入手できるでしょう。
費用の負担を抑えながらED治療を行う場合に大変心強い味方になってくれます。50mgだと1錠あたり1000円くらいで入手可能です。
700円前後や1000円前後の価格は、日本国内の製薬会社が製造販売するジェネリックに限った話になります。
海外製のジェネリックを個人輸入すれば、もっと安い価格で購入できることを覚えておくと便利でしょう。
個人輸入代行を行っている通販サイトで購入できる海外製商品の中で安価なのは、インドの製薬会社のジェネリックであるカマグラゴールドです。
通販でカマグラゴールドを買うと100mgのもので1錠あたり500円~600円から購入できます。
海外製のジェネリックでポイントになるのが、シルデナフィルの成分量です。
100mgは日本では処方されない量ですが、海外では普通に流通していますので、個人輸入を利用の際には注意しなければなりません。
日本では50mgまでの成分量までしか許可されていませんので、100mgの量を服用するのは危険です。
心配ではあるものの、個人輸入で購入した治療薬は割ることで成分量の調整ができますから、50mgやそれ以下の量に簡単に抑えることが可能です。
おすすめはピルカッターの使用です。個人輸入代行サービスのサイトでも販売されていることが多いですので、一緒に注文しておくと便利でしょう。
一般的なカッターで切ることもできるものの、きれいに割るには専用のピルカッターの使用がおすすめです。
半分や4分の1などに割ってから服用すれば、最適な量に整えることができるでしょう。
100mgを半分の成分量で使うと考えればカマグラゴールドを購入すると、1回あたり200円~300円程度の価格に抑えられる計算になります。
経済的にED治療薬を利用するなら、個人輸入を上手く活用することを検討しても良いでしょう。
個人輸入は特に違法行為ではありませんので、誰でも安心して利用することが可能です。

ジェネリックってどうゆう意味?

ジェネリックとは、後発医薬品です。医薬品には新薬と呼ばれる先発医薬品とその後に発売される後発医薬品の2種類が存在します。
先発医薬品に該当するのが、バイアグラです。バイアグラのジェネリックはつまり、後から発売された同じ種類の医薬品という意味を持っています。
別の商品名ではあるものの、先発医薬品と全く同じ成分が使われているのが特徴です。
成分の種類だけでなく、量も全く同じです。種類と量が同じであることから、同じ効果がもたらされるようになっています。
しかし、完全に一致しているわけではありません。
治療薬の形状や色、添加物といった部分は先発医薬品を作った会社とはまた別の会社が特許を持っている場合がありますので、特許が切れていない状態だと別の形状や色、添加物を使用しなければならなくなります。
特許というのがジェネリックの重要なポイントで、先発医薬品は作った会社が特許を持っていますから、いつでも自由に他社がジェネリックを作れるわけではありません。
年月が経過して特許が切れたタイミングで、ようやく別の会社が作れる権利を得られるようになっています。
バイアグラの場合は物質の特許が2013年5月17日、用途の特許が2014年5月13日に満了を迎えました。
おかげで現在では他の会社もバイアグラのジェネリックを作れるようになり、国内の病院でも普通に処方されている状態です。
ユニークなのが、ジェネリックは特許が切れていれば完全一致の商品を作らなくても構わない部分です。
同じ効果を発揮するためにシルデナフィルの種類や成分量を同じにしなければならないものの、レモン風味やコーヒー風味などの味付けのある錠剤が発売されていたり、水で飲み干すのではなく、噛み砕いて服用するタイプの錠剤なども登場しています。
バイアグラの特許が切れた今だからこそ、先進国の各製薬会社などからもジェネリックが多数登場していますが、実はインドの製薬会社のジェネリックはバイアグラの特許が切れる前から登場しており、普通に個人輸入で購入できる状態になっていました。
インドでは他の国と特許の考え方に違いがあるのが理由です。
特許には種類がありますが、インドの場合だと物質特許を認めておらず、作っている会社が特許を持っていても、製造方法さえ違えば同じ成分で治療薬を作れるようになっています。
ジェネリックの特徴である価格の安さの仕組みですが、先発医薬品を作る際には研究費や開発費が多く発生します。
費用がかかった分だけ治療薬の価格に反映されるため、驚くような価格の高さになっています。
また、特許を持っていることから独占的に治療薬を販売できるというのも関係するでしょう。
既に成分の種類や製造方法がわかっている治療薬を作ることになりますので、ジェネリックは研究費や開発費を大きく抑えられるようになっています。
その分だけ価格が安くなる仕組みです。
個人輸入で入手できるインド製のジェネリックの場合だと、インド特有の物価や人件費の安さなどがあるため、先進国の会社が製造販売する治療薬よりも、安い価格で販売できる強みを持っています。